勤務時間

転職したいナースに!

春は環境を一新するには最適な時期です。
それは転職するサイドも就職サイドも一緒。
この春、希望の転職を決めるための、3つの秘密!

ナースの勤務時間の実態

ナースという仕事が激務だと言われる理由の一つには勤務時間が挙げらます。病棟を持つ病院の場合、入院患者さんの看護は24時間体制となります。
また、病床数に合わせて入院時の医療費が設定されているため、少ない病床数の病院やクリニックではスタッフの数が少なくなってしまい、夜勤明けから日勤を続けなければならない日もあり、また看護の仕事はケアレスミスなどが大問題に発展する可能性もあり、肉体的にも精神的にもかなりハードな日常を余儀なくされている現場もあるのが現実です。
これに加えて救急医療対応の医療機関だと休みを取ることさえ憚れるような状態になりますので、転職を考えたくなるのも無理からぬことですね。

アウトソーシング(派遣)を検討してみる

今よりもスキルアップを目指している人にとって転職は売り手市場です。
特に救急医療や小児科の現場は慢性的な人手不足となっていますから、希望に見合った選択肢は多いと言えるでしょう。
また主任や婦長などの管理職を経験してきた人にとってはキャリアアップのチャンスでもあります。団塊の世代と呼ばれた年齢層のナースさん達は定年退職を迎えることもあり、管理職の経験のあるナースさんは求められている人材でもあるのです。
またナース専門の転職サイトは地域性が高いというのも特徴です。全国ネットでは検索が難しい地域の医療機関などもサイト運営会社の営業が足を運んで掲載している医療機関もあり、大病院以外のクリニックや中規模病院、緊急医療専門の病院などの求人情報を特集として取り扱っている転職サイトもあります。一度離職した元ナースさんにとって住んでいる地域での職場探しに最適なのは言うまでもありませんが、現職のナースさんは転職活動の時間が制限されてしまいますので転職サイトの利用価値は非常に高いと言えますね。やる気とバイタリティがある人の転職にとってはきっと心強い味方となるでしょう。

 

 



Copyright (C) 2013-2014 ナース転職ランキングナビ All Rights Reserved.